トップページ

豊の香梅・メニューはこちら

トップページ

豊の香梅・メニューはこちら

私たちの梅干しづくり

世代をこえて。Beyond generations.

矢野農園の梅干しは、大分の大山町でひとつひとつ手間隙をかけて、家族みんなで作っております。

大山町では産地の威信をかけて、平成3年から『全国梅干コンクール』を開催しておりますが、平成7年には全国1200点もの梅干しの中で私ども矢野農園の梅干し「豊の香梅」が“日本一”の最優秀賞に輝きました。

自家栽培で大切に育て上げた梅の実を摘み、庭先で干し、自家栽培の紫蘇で色鮮やかに漬け込んで出来た「豊の香梅」は、ひたすら良い梅づくりをめざす私たち家族の自信の逸品です。

ずっと愛される梅干しづくりのために。For the production of a pickled plum loved all the time.

南高梅

完熟の南高梅のみを使用
低農薬で育てた南高梅を、完熟するまでじっくり待ち、収穫します。ふっくらと完熟した梅は皮までやわらか。旨みと栄養が凝縮されています。

荒漬け

荒漬け
収穫した梅を紫蘇で漬け込む前に塩で荒漬けします。この際出てくる栄養たっぷりの梅酢は本漬けに使用します。

塩分は16%

素材を活かし、混じりけのない梅干しをつくるために、使う塩の量には細心の注意を払います。塩分16%は、保存性と栄養価を最大限に引き出すために、私どもがたどり着いた結論です。塩は天然海水塩を使用します。

土用干し

土用干し
梅雨明け「土用の丑の日」の頃、たっぷりの天日に干し、三日三晩丁寧に干しつづけます。太陽の暖かさが中心まで届いた梅は、さらに旨味を増します。

紫蘇

紫蘇
天然の鮮やかな紅色をつくりだす紫蘇も、私どもで栽培した「芳香赤紫蘇」を使用します。香りと色が最も出やすくなる6月~7月に摘み取ります。

本漬け

本漬け
丁寧な下ごしらえがおわったら、いよいよ本漬け。干した梅、紫蘇、梅酢。
それぞれの旬があわさって最も良い状態で熟成されるよう、管理を怠りません。

こうして丁寧に作られた梅干し「豊の香梅」。是非一度味わってください。